コンタクトレンズの処方

コンタクトレンズの処方

コンタクトレンズ検査

自分に合わないコンタクトレンズの使用は眼の損傷や負担になる原因になります。 また間違った管理や使用の仕方は思わぬ事態を招く可能性もあるのです。
一人一人の眼に合ったのレンズを処方するために、さまざまな検診を行います。

コンタクトレンズ検査
間違った使い方の危険性

間違った使い方の危険性

​正しくない方法で使用をすると…

正しいコンタクトレンズの装着は医師の診察に基づいて作成された「処方せん」が必要となり、処方せんなしでの購入・使用は「眼の状態に合っていないのにも関わらず使用し続けている」ことと同じことなのです。
眼の状態に合っていないコンタクトレンズは、眼に損傷を与え様々な病気の発症を起こします。
診察を受けずに使い続けていると損傷は悪化していき、最悪は失明する可能性もあるのです。

検査の内容と流れ

検査の内容と流れ

問診

身体の健康状態や目の健康状態、目に持病をかかえてる方、生活環境、趣味などに合わせて適切なコンタクトレンズはどれなのか問診を行います。

視力検査

コンタクトレンズを用いた適切な矯正視力とレンズの度数を決めるため裸眼での視力検査を行い視力を測定します。

スリットランプ検査

生体顕微鏡を使用し、角膜から眼底まで光を当てて精密に検査を行います。 細い光のスリットで眼球各部位の状況を観察し、眼圧計で眼圧の測定等を行います。

角膜曲率測定

角膜の形状を測定し角膜の表面の形を調べ、あなたの目の形に合わせたコンタクトレンズを選ぶためのデータを作成します。

フィッティング検査

トライアルレンズを目に着けて、瞬きしたときのコンタクトレンズの動きやレンズの位置などを確認します。診断の結果と使用者の意見考慮し、眼科医が目に合っているか調べます。

レンズの取扱い、管理方法についての説明

正しいコンタクトレンズの取り扱い方やレンズの管理の仕方をご説明します。不明なことや気になることがあればお気軽にご質問してください。

コンタクトレンズ処方後の検診

コンタクトレンズ処方後、検診は3ヶ月に1度ご来院ください。